ガスコンロは鍋全体を包み込むように温めるので、熱ムラがありません。これにより煮物や炒め物問わず素材にまんべんなく熱を伝える事ができます。
これに対してIHの場合、磁力線により鍋底のみ加熱するため、熱ムラが大きくシチューなどは常にかきまわさないと焦げ付く事があります。また、チャーハンなどを作る時フライパンを持ち上げると電源が切れてしまいます。
ガスコンロのとろ火は、鍋全体をまんべんなく温めるため、きれいな対流がおき素材の栄養素を壊すことなくじっくりとおいしさを引き出す事ができます。
つまり、鍋肌の加熱と対流がおいしさを決定づける大きな要因となっています。



ガスコンロの料理はグツグツことことジュージューと美味しい音を確かめながら料理ができます。
IHの場合、冷却ファンがまわるため、ブーンというノイズ音がかなり耳障りで料理を楽しむ事ができません。

ガスコンロはSiセンサーで安全で賢くなりました!
【Siセンサーコンロの機能】
■自動温度調節機能
天ぷら油を10度単位で設定して炎をコントロールします。
■焦げ付き防止機能
鍋底に水分がなくなると自動で過熱を関知し炎を消します。
■オートグリル
水無し両面魚焼き機能ならば、魚を裏返すことなく焼き加減をマイコンがコントロールしてこんがりふっくら焼き上げます。
■消し忘れ防止機能
万が一テレビや長電話をしていて火を消し忘れていても、一定時間になると炎を消火してくれます。お年寄りにも安全。
■その他
自動湯沸かし機能・タイマー・自動土鍋炊飯機能など最新機能盛りだくさん!

※機種によって異なります



Topページ


-G-line-